FC2ブログ
R-style
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リアル&リアリティー (2007/04/01)
20070401172035
この二ヵ月間、メチャ突っ走ってきた!

あっという間ではあったけど…
物凄く中身が濃く、様々な経験と思いがギッシリと詰まっていた☆

演技に対して…二年のブランクを埋めようと必死だった!

案の定、技術に頼る演技が先行し…自分の気持ち…相手の気持ち…

…と、【余裕の無さ】をヒシヒシと感じた

正直、達成感や充実感というよりも…

もっと出来る!もっと…

この気持ちが心に強く残っていた

これは決して自分達への、過度な期待では無く…

…素直に感じた事だった

でも、これは結果論だ!

ステップアップするための通過点

時は戻らない…

問題点や改善点や反省点をクリアにしていく…

結果に対して疑問を抱き、次にどうアプローチを掛けるか…

自分の満足のためでは無く…

そして《リアル》ではなく…

《リアリティー》を追求して表現するという事☆

今までは《リアル》こそが演技に説得力を生み、こうだからこうという持論を成立させていた様に思います。

成立しているのであれば、良いのかもしれません…

しかし、それでは…自らが生み出した固定概念に縛られ、役の幅が狭まり…それ以上にも…それ以下にもならない

ふと、誰がその演技に魅力を感じるのだ?と疑問を抱いた

何が言いたいかと言うと…《リアル》とは、魅せると言う時に、危険な要素となってしまう事

演技では無いけど、例えるなら…

落としたナイフが床に刺さる!

メチャメチャ《リアル》である!
すごい説得力だ!
緊迫感はMAXで、すごい迫力が生まれる!

しかし、最前列のお客さんは…

自分だったら間違いなく…どん引きです

…恐過ぎ、危な過ぎです

まず安心して芝居を見れなくなり、余計な事を考えてしまいます

極端な例えでしたが…

演技でも同じ様な事が言えるのではないかと思いました

《リアル》を追求するなら…ドキュメンタリーで良い(勿論、ドキュメンタリーで表現出来ない物もある)

《リアル》と《リアリティー》の狭間の追求の先に…自分の理想のエンターテイメントが存在する様な気がした☆
スポンサーサイト


この前山Pホールで寝てました!
()
2007/04/04 | URL |(trip@-)
編集



マジで?

…ってか、いきなりバイトネタって(驚き)

いったい誰が?
(Ryo-G)
2007/04/04 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 


ページ上部に戻る▲
cafe R © Ryo-G 2018. (http://enjoysoccerlife.blog24.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。